2008年11月25日

ウォーキングシューズのタイプ

これから「よし、歩こう」と気合い十分な人、まず揃えたいウォーキンググッズといえば、専用の靴ですよね。 普段から履きなれている運動靴でもよいのですが、長くウォーキングを続けるつもりなら、それに合った専用のシューズを購入するのもよいかと思います。

ウォーキングシューズはいろいろなタイプのものが販売されています。 それぞれの特徴をよく見て、自分の歩く目的に合っているか、実際の履きやすさはどうかなど慎重に選びたいですね。 つま先にゆとりがあることももちろんですが、ひもなどで調整できること、中敷が交換できることも大切なポイントです。

履き方のポイントですが、まず足を靴に入れたら、足をかかと側に寄せて足先を上げます。 そして、まめの予防や足の甲の圧迫を予防するために、靴下のしわや、靴のベロ部分のしわを取り除き整えます。 足の甲の部分は、歩いて足を踏み込んだときに窮屈になりがちなので、これに対応して伸びるようなひもの通し方をしておくとよいです。

ウォーキングに適したひもの通し方は、穴の内側から外側に向かってひもを通す方法です。 このようにひもを組み上げておくと、甲が張り出したときの窮屈さが緩和され、動きやすくなるでしょう。

またせっかくウォーキンググッズとして揃えた靴ですから、長く使うためにもお手入れはきちんとしましょう。 汚れたら洗うことはもちろん、中敷を抜いて靴のつま先部分の毛玉をとったり、靴底の減り具合や縫い目のほつれがないかなどのチェックも必要です。 靴は履き続けることで自分の足に合ってきますので、大切に扱って、足に合った靴を長く使ってください。



クレイサス アーガイル柄 コイガールマジック シンシアローリー ディアフルーラ ディアプリンセス ニットアームウォーマー デビュー・ド・フィオレ デプレ ディグレース

ニックネーム いか at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1582957

この記事へのトラックバック